「普通」だけど「特別」になりたいアラフィフ女心

アラフォーの独身女性は自虐的なことを語るときもあります。「もう、いいかげん歳だから」とか、「若い子にはついていけないのよ」とか、「もうおばさんだから」とか。それを真に受けてはいけません。聞き手であるあなたも、40代の独身男性。

つまり、「あなたも、いいかげん歳だから」「あなたも、若い子にはついていけない」「あなたも、おじさんだから」と言っているも同然ですので、そんな失礼なことを語るはずがありません。深い意味もなく、口先だけで言ったセリフ。本心は、真逆だと考えるべきです。

アラフォー・シングルの胸の内

「いいかげん歳だから」という裏には、「まだ若い」という意識があります。本音では、「まだまだイケてる」という思いがあるからこそ、言えるセリフです。あなたに否定してもらいたくて口にした言葉。さらに裏を読めば、あなたに自分を認めてもらいたい、受け入れてもらいたいという意識です。

若い子に言えば「そうですね、確かにおばさんです」と思われてしまうだけですので、言えません。同年代の男性に甘えたくて語る言葉ですので、ぜひ甘えさせてあげましょう。「40なのにこんなに若々しい」「40なんて、まだまだ若い」と勇気づけましょう。

仕事ではそれなりの責任をもってがんばっていて、世の中の酸いも甘いもある程度経験してきています。そのために、どっしりとした態度をしていたり、強いハートをもっているフリをしたりしていても、心の中はいつも揺れ動く少女のようなものだと考えてください。実際には、小さなことで毎日くよくよしているものです。

特別扱いされたい

「40才のおばさん」として埋没することが楽だという意識をどこかに抱きつつも、「やっぱり特別扱いして欲しい」という欲求も持っています。若い頃のようにピチピチとした言動はできませんし、小さなことを大喜びするほどの純真さもありません。だから「おばさん」の仲間入りをした方が楽なのですが、それはプライドが許しません。

生活の中のある部分では「おばさん」の中に身をおきつつも、「ちょっと違う女」として認めてもらいたい。「私だけは、そんじょそこらのアラフォー・シングルじゃない」と、心の中では叫んでいます。ですので、「君は他の人とどこか違うね」とか「初めて見た時から、特別な感じがしたよ」とか、「何かが飛び抜けているね」というような言葉が心に響きます。陳腐なセリフですが、実際に彼女たちが期待しているのは、そういう認められ方です。

アラフォー女性たちはこれまでも男性に何度もベッドに誘われた経験があります。「男が求めているのは体だけ」と思っている人もいます。だからこそ、「君が特別だから」が重要になります。

アラフォー独身女性の心の内には、「自分だけは違う」「特別扱いして欲しい」という気持ちが隠れています。その心をくんで、褒めてあげることが大切です。

Copyright(c) 40代からモテ男に変身する方法 All Rights Reserved.