40代男の狙い目はアラフォー・シングル

40代、50代の男性が、女性と付き合うときに選ぶのはアラフォーの女性がメインです。20代の女性と付き合いたいと考える人もいるでしょうけれど、成功確率は低いです。年齢差が10を超えると、恋愛がうまくいく可能性は極端に落ちます。知的レベルも合わず、観てきたテレビ番組も、好きな音楽も異なりますので、話が弾みにくいです。100%うまくいかない、ということではありませんが、とても難しい。一緒にいて居心地が良いのはアラフォー。相手にとっても同じはずです。

40代男のターゲットはアラフォー女性

「最近の若い女の子は、おじさんが好きな子が多いんだってさ」などと、週刊誌の適当なネタを信じ込んでいる人もいますが、記事の信ぴょう性は低いでしょう。運良くデートしたり、ホテルに誘ったりすることはできても、結婚を前提とする交際に発展するケースはめったにありません。可能性の低いところにチャレンジするより、現実的な選択をする方がベターです。

一番の狙いどころは、30代後半から40代の女性。40代になると、多少年上でも違和感はなくなります。結婚経験のある人もない人も含めて、アラフォーにはシングルが大勢います。可能性の高い層に、数多くのターゲットがいますので、チャンスは大いにあります。

女性のプライドを理解しましょう

仕事を持つアラフォー・シングルの女性たちは、会社ではそこそこ重要な役回りを果たしています。バリバリ働いている人なら、マネージャーになっているでしょう。「出世は狙っていない」という人でも、「主任」くらいの肩書きがついて、後輩たちの面倒を見ているのが普通です。会社の中では「そこそこ古株」で、「仕事を任せられる人」という立場のはず。

もちろん、正社員ではない人もいるでしょう。契約社員や派遣社員として働く人たちには、肩書きはありません。それでも、長年働いた実績があり、「会社とは」「上司とは」「仕事とは」というようなことに一家言持っている人も多いです。年下の後輩たちからも頼りにされて、そこそこプライドを持っています。そういう彼女たちを口説くときには、その点を理解してあげることが大切です。

仕事の話を聞くときには、相手を尊敬する目線で接するのが鉄則です。「すごいね」「たいへんだね」「よくできるね」「感心するよ」「うちの会社に欲しいくらいだ」というような褒め言葉が相手の気持ちを和らげます。まずは、「仕事のできる女性」である点を認めてあげることが大切です。

アラフォー女性は、認められたり褒められたりすることが少ない生活を送っています。だからこそ認めてあげることが大切です。認めてくれた男性にだけ心を開くものです。

40代男が交際相手として狙うのはアラフォー女性。仕事を持っている女性なら、まずはその能力を認めて褒めてあげることから始めましょう。「話を聞いてくれる男性」になることが重要です。

Copyright(c) 40代からモテ男に変身する方法 All Rights Reserved.