波乱万丈よりも普通のロマンス

「ラーメンが食べたくなったね」と言うと、男性が飛行機で札幌まで連れていってくれて、札幌ラーメンを食べてすぐに帰ってきた、というようなサプライズは神話的です。「きれいな夜景がみたい」と言うと、ヘリコプターをチャーターして東京湾を一周してくれた、というようなものも。

20代の女性なら、こんな極端なイベントに心を揺さぶられて、その日のうちにベッドインしてしまうのでしょうけれど、アラフォー女性の心はそういうものでは動きにくいです。むしろ陳腐だと感じてしまうかもしれません。

アラフォー・シングルにはロングドレスは似合わない

若いころなら、下着が見えるほどのひらひらの短いスカートをはいて街を歩けた女性も、40前後になれば、そんな格好はできなくなります。いつかきっと素敵な王子様が迎えに来てくれると信じる「シンデレラコンプレックス」は、20代のころだけのもの。アラフォー女性は、波乱万丈な物語ではなく、ごく日常的なロマンスやときめきを求めています。

ロングドレスではなく、膝丈のワンピースを着たお姫様になりたがっています。群衆に「おおっ!」と注目され、ひざまずかれるようなプリンセスではなくて、街中を歩いていても気づかれない姫を望みます。誰にも気づかれないけど、「本当は、私はお姫様なの」と一人で微笑むような。外見ではなく、内に秘めたる美しさで勝負する、という気概もあります。

ですので、デートやイベントをするにもさりげなさが必要です。神戸の夜景を観に行かなくても、丸の内界隈のイルミネーションで十分。プレゼントも値段ではなくて、心のこもったものを。アラフォー女性は、外見や肉体美では若い女性に勝てないことを十分承知しています。けれど、「中身では勝っている」と信じているので、そうした気概に応じた、「内容のある」ものが必要です。

夜景のためにヘリをチャーターする男性をみたときには、「そんなお金があるなら、恵まれない人に寄付してくれればいいのに」と思う女性もいます。若い女性とは異なる常識を持っていることを、知ったうえで接するべきでしょう。

ベッドに誘うときにも、回りくどいことを言う必要はありません。愛の言葉は、わかりやすさと、率直さだけで勝負です。簡素な言葉こそが、アラフォー女性の心の真ん中に突き刺さります。白馬の王子さまではなく、普通のときめきを与えてくれる普通の男性を期待しています。「好きだから一緒にいたい」というような、単純なセリフが心を動かします。奇をてらったサプライズ演出をするよりも、彼女を傷つけることのないような気遣いを常に忘れないこと。それがポイントです。言葉遣いやさりげないエスコートだけでなく、ベッドインした後にあなたの下半身が力不足で彼女を傷つけてしまわないように、バイアグラを準備して事前に服用しておくことも大切です。バイアグラ未経験なら、男性スタッフだけで運営しているプライバシー重視の専門クリニックでいろいろ相談してみましょう。

アラフォー女性は、普通のありふれたロマンスを期待しています。特別な言葉ではなくシンプルでストレートな愛のささやきで、口説きましょう。

Copyright(c) 40代からモテ男に変身する方法 All Rights Reserved.