パソコンしながらも体を鍛えましょう

最近は30代から肥満になる人が増えてきていますが、ターニングポイントは40才。体のホルモンバランスが変わる時期で、ビジネスにおいても管理職に就くなど、責任が重くなる時期です。精神的なストレスが重なると食べ過ぎ飲みすぎとなり、脂肪がたまります。

慢性的に運動不足な上に、接待などでグルメ食の機会も増えて、摂取カロリーも高くなりがち。40代なら、一日の消費カロリーは2000~2500kcal程度なのに、実際の摂取は3000kcal以上という人も多いです。

デスクワークは運動不足の温床

パソコン中心の仕事は、どうしても運動不足になりがちです。人によっては3時間、4時間と長時間にわたって一度も席を立つこともなくデスクワークをし続けることもあります。ITビジネスに携わる人の中には、食事中もPC操作を休まない人すらいるほどです。

40代になるとホルモンバランスにも変化が生じます。そのため基礎代謝が低下しエネルギーの消化が減ります。じっとしているときの消費カロリーが若いころよりもぐんと減り、昔と同じ量しか食べていないのに太る、ということが起こり始めます。ある意味では、身体が省エネ体質になるわけですので、漠然と過ごしていると余ったエネルギーが脂肪としてお腹にたまることになります。デスクワークの多い人は、やりやすい運動から取り入れて、ますは少しずつでも始めてみましょう。

座ったまま基礎代謝を増やす

基礎代謝とは、何をしていない時にも、体温を維持したり、心臓を動かしたり、血液を循環させたり、内臓をうごかしたりするために必要なエネルギーのことです。じっとしている間も、身体の中では、さまざまな機能がはたらいていますので、そこでエネルギー消費がなされています。

デスクワークをしているときに行える、軽い足の運動をしてみましょう。椅子にかるく腰かけ、左足を固定します。左足のアキレス腱に、右足でサッカーボールをけるような形で押し当て、右ひざを前に押し出すように力をこめます。右足の太ももの上側が固くなればOKです。

今度は、右足を左足の甲側にあて、右ひざを後ろに押し付けるように力をこめます。右足のひざを折り曲げるイメージで力を入れます。太ももの裏側が固くなればOKです。これをそれぞれ10秒ずつくらい、左右の足を変えて交互に行います。

デスクワークでもカロリー消費量を増やすことができ、太ももの前後を鍛えることもできます。

机に向かいっぱなしの仕事は、カロリー消費が少ないうえに運動もまったくできません。足の運動で脂肪を燃焼させつつ、太ももも鍛えてみましょう。

Copyright(c) 40代からモテ男に変身する方法 All Rights Reserved.