肥満は一日にしてならず、一日にして減らせず

女性のダイエットについて男性が疑問を持つのは、いろんな部位について方法がある、という点です。女性誌の特集を読んでみると、「お尻ダイエット」「ウェストダイエット」のように、パーツにこだわったダイエット法が紹介されています。男性の場合には、だいたい「腹」です。なぜなのでしょうか?

女性と男性では太り方が違う

女性の気にしている体のパーツは、お尻、太もも、下腹部、ウェスト、ふくらはぎ、二の腕、顔、首筋、背中、胸など、細かくたくさんあります。つまり、全身あちこちすべてのたるみが気になるということです。男性の場合には、これほど色んなパーツにこだわることはありません。

男女のホルモンの違いにより、女性は下半身を中心に皮下脂肪として脂肪が蓄積されます。男性の場合には、内臓脂肪として主に腹にたまるので、男女の肥満は別物です。それだけに、男性のダイエットはシンプルに「お腹一本槍」でチャレンジすれば良いので簡単です。その気になりさえすれば、一気に減らすこともできます。

歩けば減らせる体脂肪

20代の頃に65kgだった人が40代で80kgになったとすれば、15kgの増加分はほぼ体脂肪として体内に蓄積されていると考えて良いでしょう。かなりの重量ですが、減らすのは難しいことではありません。1日に20分の大股歩きを20分すれば、1年間続けると6.2kgの体脂肪を燃焼させることができます。これを2年半続ければ、20代のころの体重に戻せることになります。ハードな運動は無理、運動の時間をつくるのは難しい、という人でも、ちょっとした工夫でできる程度の運動です。

歩き方は、あごを軽く引いて肩の力をぬき、背筋をのばして腹をへこませ、つま先で地面を強くキックして大股で進みます。着地はかかとからで、手を軽く握って肘は直角に曲げ、前後に大きく振って歩きます。最初はスピードよりも歩幅の広さに気を配りましょう。普段よりも10センチ程度歩幅を広げるイメージです。慣れてきたら、25センチ~30センチほど広げて行きましょう。

脂肪を燃焼しつつ、太もも、お尻、腰、ふくらはぎ、すねの筋肉を鍛え、きゅっとしまったスタイルに変えられます。だらけたイメージの体がスポーティな体型に変わり、かっこよさがアップします。

男性の体脂肪は主にお腹にたまります。大またウォーキングを1日20分続けるだけで、20代の頃の若々しい肉体を取り戻すことができます。

Copyright(c) 40代からモテ男に変身する方法 All Rights Reserved.