デート代の支払いはスマートにしよう

40代以降の男性は、女性にワリカンしている場合ではありません。もちろん、夫婦や気の知れた恋人同士なら話は別です。しかし、恋人にしたい女性やモテを意識するのなら、スマートにデート代を支払えるようにしたいものです。デート代をケチったばかりに、この先ずっとケチな男性というレッテルを貼られるよりましでしょう。女性の負担にならない程度で構わないので、支払いをスマートにできる男性になってください。

デート代は男が出すべき?

40代ともなると、デート代の支払いは男性が出すべきなのでしょうか。支払いの問題は、いつでも頭を悩ませますよね。実際、支払いをどうするかということで女性と揉めたり気まずい雰囲気になることも多いものです。しかし、多くの場合で女性は男性に支払いをしてほしいと思っているのがホンネです。

もちろん、高いレストランや欲しいものの支払いをすべてしてほしいというのではありません。お店での支払いのときに、ワリカン計算をおもむろにし出したり、ケチな様子を見せたりしてほしくないのです。せっかく楽しい時間を過ごしたのに、支払いの様子で幻滅させているのではもったいないことですよ。

デート代にかんしては、できればその日使う分はすべて出してもいい、ぐらいの予算を組んでおくと気が楽です。どうしても難しいのなら、デートコースを調整してもいいのではないでしょうか。身分不相応な高級レストランやバーに連れて行ったところで、支払いで揉めるのでは本末転倒ですからね。

40代以降の男性はスマートな支払いを

さて、女性がこだわるのは支払いの仕方です。このときに、男性の育ちや普段の生活が見えてくるからですね。たとえば、ワリカンにするにしても、1円単位まできっちり2等分してくる男性もいます。やや多めに支払いはしてくれても、なんだかんだエラそうにする人もいます。また、支払いのときに小銭をジャラジャラと大量に出したり、スタンプカードやクーポンでパンパンのお財布を見せたりしていては、ちょっとスマートとは言えませんよね。

会計は、あくまでもスマートに行いましょう。後から女性が出すと言ったときには、受け取っても構いません。要は、会計時のやりとりでもたつかないようにすることです。会計時にお店の人に横柄な態度を取ったり、お金の扱いをぞんざいにしたりするのも育ちが悪いと思われるのでやめましょうね。

女性が負担に思うようなら次回おごってもらう

男性がデート代を全額支払ったときであっても、女性が負担に思うことがあります。まだ深い関係になっていなかったり、その気が無い相手だったりするとおごってもらうのは嫌だという女女性もいます。また、自分で食べた分は必ず支払うというポリシーを持っている女性もいるものです。

もしも女性が負担に思うのなら、次回のときにおごってもらうようにすればいいでしょう。次回のデートの約束につながるし、女性も負担が無くなって気が楽になります。かたくなに支払うのではなく、女性の様子をみながら臨機応変に対応してください。

まとめ

40代の男性は、デート代をスマートに支払うとモテ度が格段にアップします。支払いは、それまでの育ちやマナーの良し悪しがそのまま出やすいところです。全部のデート代を支払えということではありませんが、スマートに支払える男性になっておきたいですね。女性からも、評価が違います。デート代の支払いについて、ケチな男性という評価を受けるぐらいなら、モテのためにふんばりましょう。

Copyright(c) 40代からモテ男に変身する方法 All Rights Reserved.