オトナの男性ならではのデートって?

40代からモテ男に変身したいならデートテクをワンランクアップさせてみましょう。定番のデートスポットへ連れて行くにもリードの仕方や、デートプランの組み立て方で受ける印象はかなり変わってきます。

女性は「光」にグッときやすい

マイナビニュースの調査によると、女性がグッと来た、印象に残った素敵なデートとしてあげた場所の多くは、光にまつわる場所。イルミネーションや夜景など、キラキラとした場所に自然と魅力を感じるようです。デートスポットとして王道、といわれる場所だけあり、はずしにくいともいえるでしょう。またいかにもデート、という雰囲気が出ることからイルミネーションや夜景を見に行くのが好きだとこたえた女性もいたようです。

ちなみに短い期間ではありますが、桜も女性がグッときやすいキーワード。夜桜デートとなれば女性に喜ばれること間違いなしな、鉄板デートとなるでしょう。ただ期間が短いため、うまくタイミングをあわせることが難しいのがデメリットです。

さらにいうなれば、ドライブデートも多くの女性が好むデートのひとつ。とくに目的地を決めずにドライブするのもいいですし、きれいな夜景の見える場所を最終目的地にするのもいいでしょう。ただドライブとなると、密室に2人だけの時間がかなり長くなります。長いドライブのあいだ、退屈を感じさせない話術や話題の幅広さが必要になりますのでしっかり話のネタを準備しておきましょう。

場所は定番、でもスマートにリードを

このように、男性がベタだと思う場所でも女性は割と喜んでくれます。ただいくら素敵な場所でも段取りが悪かったり、所々でうまくリードできないポイントがあるとロマンチックな気分も盛り下がってしまうよう。イルミネーションデートでいえば事前に駐車場の場所をチェックしておらず、駐車場を探すために周囲をうろうろするハメになった。混雑がわかっているにも関わらず、イルミネーションを見に行く以外ノープランでその後どうするかなかなか決まらなくてイライラした。このような、イルミネーションなど素敵な場所に連れて行ってくれる気持ちは嬉しいものの、ツメの甘さが露呈してしまうこともしばしば。

とくに女性がイライラしがちなのが、食事をとるときにどの店にするか決めていないケース。女性の希望を優先しようとあえて決めていないのはいいのですが、候補ぐらいは用意しておきたいもの。候補もなにもない状態で「食事、どこがいい?」なんて聞かれてしまうと女性は全て自分が決めなくてはいけないのか、とがっかりしてしまいます。初デートだったり、まだデートをする関係になって日が浅く、食の好みがわからないのなら系統ごとにここ、という店をピックアップしておくのがいいでしょう。もっともスマートなのは、デートの約束を取り付けるときにさり気なく好みを聞いておき、予約をしておくこと。込み合う時間帯でも待たずに入れるので、とてもスマートです。

実際に相談しながらでないと決められない、というなら自分の行きつけの店でもOK。予約が入れられるような、ある程度のグレードの店ならそこまで女性もがっかりしません。さすがに初デートからラーメン屋やファミレス、ファストフード店に連れていかれたら幻滅するかもしれませんが。大衆居酒屋なんかも要注意かもしれませんね。

オトナの男性として、モテデートを演出するならとにかくスムーズな進行が大事。デート中、グダグダとした雰囲気にならないようにすることをまず意識しましょう。そのためにはやはり事前のリサーチが大事。どんなハプニングにも完璧に対応はできずとも、デート中にありがちなグダグダを想定して、できる限り対処法を考えておくとなおいいでしょう。デート中、終始スマートに女性をリードできれば完璧なモテデートを演出できるはずです。

Copyright(c) 40代からモテ男に変身する方法 All Rights Reserved.