自分に合わせたファッションを

中高年が服を選ぶ際に注意したいのは「自分に合うもの」を購入することです。年齢的なものもそうですし、体系的な部分にも目を向けましょう。モテるためのルールさえしっかり理解しておけば、大間違いの痛ファッションを避けることができます。

大人の余裕をファッションでも

モテるための基本は「モテたい」と感じさせないことにあります。特に女性が中高年の男性に対して求めているのはガツガツとした勢いではありません。紳士的で包容力を思わせる「余裕」です。ファッションであってもこれは同じことが言えるでしょう。

例えば、無理な若作りや個性の演出はマイナスに働く場合もあります。流行に乗りすぎたデザインや、原色を使いすぎたコーディネートは、若い人であれば似合うかも知れませんが、中高年には少しハードルが高いかもしれません。「痛い」と思われた瞬間から女性のハートは離れていってしまいますので注意しましょう。

体型に合わせた服選び

「痛い」ファッションを避けるためには、大前提として自分の短所についてしっかり理解しておくことです。もしもあなたが健康管理などを怠り、少しだらしない体型になってしまっていたなら、細身の洋服は避けた方が良いでしょう。タイトなパンツやシャツは体のラインを余計にアピールしてしまいます。わざわざ自分のウィークポイントをさらす必要はありません。

とは言え、体型をごまかそうとしすぎるファッションも考え物です。オーバーサイズの洋服はだらしない印象を与えてしまう可能性もあります。特に上半身に身につけるものは裾のサイズが体に合っていないと致命傷です。タイトすぎず、さらに自分のサイズに合うようなものを選んでください。

とにかく試着あるのみ!

体型に合う服の探し方にはいろいろなものがありますが、コツとしてはメーカーを絞り込むことです。それぞれのメーカーは、各自独自の基準を持っています。Mサイズといっても、どこのブランドなのかによってサイズ感が違うのはこのためです。

各お店を周り、試着を繰り返してください。その中で、自分に合うと感じたメーカーがあれば覚えておきましょう。手帳などにメモしておくのも良いかもしれません。ある程度情報が集まったら、その中から今後買い続けるメーカーを絞ります。

ここでポイントとなるのは高級ブランドと、ファストファッション的なメーカーの2種類を選んでおくことです。どんなにお金があっても、高級ブランドの服ばかりは買えませんからね。安価に購入可能なメーカーのものもある程度揃え、コーディネートに広がりを持たせるようにしましょう。

自分に合った服装というのは実際に着てみないとわからないものです。そのため、いろいろなブランドのお店などに足を運び、試着をしてみましょう。女性から「あの人の服装痛いな・・・」と思われないために、常に心がけておいてください。

Copyright(c) 40代からモテ男に変身する方法 All Rights Reserved.