ダボ服をやめましょう

年齢とともに「こだわりグッズ」が変わってきます。若い頃には「服装」「髪型」などのすぐに人の目につくところに一番のこだわりがあるのに、中年になると「ウオッチ」「財布」「万年筆」など小物になります。歳をとると自分を満足させるものへの投資に傾く傾向があるからですが、これでは「見た目」はよくなりません。ブランドスーツを着こなす必要はありませんが、少しは服装にも投資をしましょう。

ダボダボスーツはおじさん臭い

どんな世代にも共通することは、若い頃に流行したファッション感覚を未だに持ち続けていることです。団塊世代ならアイビールック。アラフィフ世代にとっては、バブル期のダボダボ・ファッションがそれに当たります。やや大きめの肩幅の広いシルエットが流行りましたが、そういうタイプのスーツは野暮ったい印象となります。

体型も崩れはじめてズボンのウェストサイズが日に日に大きくなると、ダボっとした服は着心地が良いことも確かです。しかし、楽だからと選んだら「おじさん臭い」と考えましょう。楽な服は室内着です。外で着るべきなのは、今かっこいい、服です。

「僕はファッションセンスがないから」と臆する必要はありません。スーツの専門店に行けば店員がちゃんと最近の流行に合った服を選んでくれます。少しお金をかけるつもりがあるなら、デパートの紳士服売り場で「流行のタイプを」と選んでもらえばいいです。着なれないシルエットに最初は違和感があるかもしれませんが、すぐに慣れます。スリムなシルエットの服を着ると、体型の崩れが目立ちますので、これを機に少し腹をへこませる努力もしましょう。
参考サイト⇒サイズの選び方(メンズ) | 洋服の青山オンラインストア【公式通販】

顔を小さく見せるコツ

年齢とともに何故か顔が大きくなります。若い頃から比べて、頭だけが成長するはずはありませんが、どういうわけか、顔だけは成長した印象となります。ものの見え方は周囲のものとのサイズ比較で決まります。同じものでも隣にあるものが大きければ小さく見え、小さければ大きく見えます。スーツやワイシャツの襟が大きめのものを選べば、顔を小さく見せることができます。

色も大切です。白などの明るい色は「膨張色」といって大きく見えてしまう効果があります。逆に黒や紺などの暗めの色は「収縮色」で、体をスリムに見せてくれます。また、縦縞のストライプ服はスタイルを引き締めて見せる効果があります。

洋服選びのコツは、「昔の流行にとらわれない」ことです。多少抵抗があっても今の時代にあった服を選ぶこと、体にフィットしたシルエットや濃い目の色、縦縞のストライプ、などに気を配って選ぶことが大切です。

Copyright(c) 40代からモテ男に変身する方法 All Rights Reserved.