色と季節感のルールを知ろう

服のコーディネイトは難しいものです。組み合わせによっては「センスが悪い」と思われてしまいかねません。しかしルールを守っておけば、とりあえずはまとまりが出るものです。まずは「オシャレ」と思われることより、「ダサくはない」と思ってもらえることが重要。そのために、色の組み合わせと季節に合わせたチョイスを学びましょう。

色の組み合わせは3色が基本

洋服にはさまざまな種類がありますが、注目しておきたいのがカラーです。コーディネイトの際には、基本的に色の種類を3つに絞るようにしましょう。これ以上のカラーを重ねると、よほどセンスがない限り見た目にうるさくなってしまいます。

まずはベースとなる服のカラーを決めましょう。上着やパンツなど、占める面積が多いものから選んでおくのが大切です。その後はメリハリをつける色についても考えておきます。ジャケットを着ている場合は中のシャツですね。そして最後にアクセントを入れましょう。ベルトや靴下など、ちょっとだけ見える部分に鮮やかな色を持ってくるのがコツです。

このように見ていくと、実はスーツというのは非常にコーディネイトが決まりやすいファッションであることがわかります。スーツ自体は同色でまとめられ、メリハリにシャツ。そしてアクセントとしてネクタイとベルト、胸元のハンカチ、といった感じですね。つまり、普段のファッションであっても、スーツをお手本にしておけばOKです。

季節に合わせた素材やデザインを選ぶ

服と季節には深い関わり合いがあります。例えば、夏場にウール素材というのは周りの人まで暑苦しい気持ちになるでしょう。逆に、麻素材を冬に着るのも寒々しいと言えるでしょう。ある意味、こうした組み合わせはオシャレ以前の問題かもしれません。

素材以外にも、デザインと季節感を意識することも大切です。半袖や長袖といったもの以外にも、それぞれの季節に合わせた色合いや模様があります。もしも一年間を通して同じものを着回しているのなら、「季節感があっていない」となってしまうのでご注意を。

ちなみに、服の中には年中着回しができるベーシックアイテムというものもあります。例えば綿のパンツやインナーにも使えるTシャツはその代表です。季節感のあるアイテムと、いつでも着回せるアイテムを組み合わせることで、洋服代を節約することもできますので、服選びの際には参考としてください。

洋服というのは奥が深いものです。ただオシャレなものを選んでおけば良い、という訳ではありません。他のアイテムとの兼ね合いや、季節ごとの素材・デザインのチョイスを行うことが重要です。それさえ守っておけば、女性から「センスがない」とは思われなくて済むでしょう。

Copyright(c) 40代からモテ男に変身する方法 All Rights Reserved.