身だしなみと清潔感に気を付けろ

40代男性の好感度は、人によって大きく異なるものです。よく観察してみると、身だしなみがきちんとしていて清潔感がある人は好感度が高いとわかります。若い頃のように、着崩している人はただみっともないだけになるので気を付けましょう。不潔な印象は論外です。まずは、身なりをきちんと正して、清潔感を心掛けましょう。お風呂にきちんと入ったり歯磨きを怠らなかったりすることも大切です。

身だしなみと清潔感が好感度の差

40代以降は、身だしなみと清潔感の有無が好感度に大きな差を付けます。容姿はみな衰えますから、それほど影響はありません。もともとハンサムだったりスタイルがよかったりする人であっても、どうしても老化は防ぐことができませんからね。容姿ばかりにこだわっている人は、むしろ評価が下がることもあるでしょう。

実際、40代以降で素敵な男性と評価される人を見てみると、まず身だしなみがきちんとしている印象があります。また、清潔感もあるものです。何も特別なことをしている様子はないのですが、髪がきちんとセットしてあったり、アイロンがけをきちんとしたシャツを着ていたり、汚れの無い靴を履いていたり、などですね。

容姿の衰えは防ぐことが難しくても、身だしなみや清潔感は日ごろの心掛けで十分に保つことができる範囲です。気を配ることができる人がモテて、できない人がモテないのは当たり前のことだと言えます。どうせなら、好感度の高い男性を目指したいですよね。女性からの好感度が高いことは、仕事でもプライベートでも得だからです。

身なりときちんとすること

まずは、身だしなみに気を付けてきちんとしましょう。会社勤めの男性の場合は、毎日スーツを着ていることが多いですよね。スーツに変なしわが入ったままになっていないでしょうか。また、泥汚れなどが付いたままになっていないでしょうか。スーツに付いた汚れやしわはその日のうちに適切な対応をすれば、問題ありません。プレスをしたり、洋服ブラシを使って丁寧に手入れしておきましょう。

また、シャツは必ずアイロンを掛けることです。ノーアイロンのシャツもいいですが、パリっとした印象に欠けるのも事実です。清潔感を出すのなら、アイロンをかけたシャツに負けてしまいます。また、ハンカチを持ったり、靴を磨いたりなども忘れないでください。ちょっとした心遣いができるだけでも、随分ときちんとした印象になりますよ。

清潔感を保つこと

また、清潔感を保つことは必要不可欠です。男性は特に、入浴に掛ける時間が短すぎて、きちんと洗えていないことが多いものです。忙しくてもシャワーだけにしないで、きちんと湯船につかりましょう。湯船につかると、毛穴の奥の汚れまで出て、本当の意味でスッキリすることができます。また、疲労回復やストレス解消にも効果的です。

さらに、丁寧な歯磨きやブレスケア、頭髪や爪のケアも忘れないでください。特に人目に付きやすい部分は念入りなお手入れで差を付けましょう。女性の目に入ったときに、この人は清潔感がある人だなと思ってもらえれば成功です。

まとめ

40代以降の男性は、身だしなみと清潔感が好感度に大きな差を付けます。モテたいのなら、身なりをきちんとして清潔感に気を付けましょう。もう若くないのですから、ルーズなファッションは似合いません。若さがあるから似合っていたものは、もうやめましょう。また、お風呂や歯磨きを怠らないことです。不潔でだらしない男は、どんなに元が良くてもダメなのです。

Copyright(c) 40代からモテ男に変身する方法 All Rights Reserved.