あなたのその言動、マザコンではないですか?

女性とのお付き合いが長続きしない。大抵短期間でフラれるか、プロポーズまでこぎつけても断られてしまうなら、マザコンの傾向が言動の端々に見られるのかもしれません。女性はとてもマザコンに敏感。自覚がなくとも、気をつけないとマザコン認定されてしまうかもしれません。

あなたは大丈夫?真のマザコンに多い言動

・考え方の基本が全て母親
正真正銘のマザコンに多いのが、考え方や価値観の基礎が全て母親でつくられていることです。会話をしていても「~なんだって、母親がいってた」というような言葉が頻繁に出ます。ただ純粋に母親がいっていたことをそのまま話題に出している場合もありますが、このタイプの男性は母親の考え方が全て正しいと思い込みがち。

母親がこうだといったから、母親がこうするべきだといったからという理由でそれ以外の考え方や方法を全て否定してしまう傾向にあります。このような言動が見られると、もし結婚したとしても、妻である自分の味方になってくれることは望めません。結婚相手としてはもちろん、お付き合いしていくうえでもお断りされる男性といえるでしょう。

・母親と比べたがる
先ほどの考えたと似たようなものですが、こちらも真正のマザコンに多く見られる言動です。自分が見てきた母親と比べ、お付き合いしている女性が劣っていると感じる部分をとにかくダメ出ししていく。何かあるごとに「俺の母親はこうしていた」とダメ出しされては、女性だってうんざりですし、将来を考える気にもなりません。

・理想の女性像が、母親
こちらも気を付けなければならない言動です。ただ単に、母親のような女性に憧れる、母親に似た人がタイプという程度ならばそこまで問題ではありませんが、母親の代わりとなるような女性を求めているとかなり重症です。

マザコンから脱出するには?

先ほど紹介した言動を無意識のうちにしてしまっていたり、そういえば恋愛をする女性に母親の面影ばかり追いかけていると気づいてしまった男性は、どうすればマザコンから脱出できるのでしょうか。

まず第一は、物理的に母親から離れること。マザコンになる男性の傾向として、母親からの過干渉があります。自分自身の意思を尊重されず、母親の意見ばかり押し付けられて育つような環境にいると、母親が絶対的な存在となるのだそう。成長してもその存在が揺るがず、母親第一になってしまいやすいんだとか。そのためまずは物理的に距離をとり、母親なしでも生きていけることを自覚しなければなりません。実家暮らしなら一人暮らしを始め、電話などの連絡も最低限に。ひとりでできる、という自信をつけることから始めてみてください。

そしてもうひとつは様々な情報や知識を身につけること。母親の考え方や価値観が世の中の全てではないことを知ることも、マザコン脱出にはとても大事なことです。様々な年代の人とコミュニケーションをとり、世の中には数えきれないほどの価値観が存在することを知りましょう。

ただ残念ながら重度なマザコン男性は、それがおかしいことだと自分自身ではなかなか気付くことができません。しかも40代となると相当根深いものがり、自分自身の努力だけでは抜け出せないことの方が多いようです。今回の記事をきっかけに、もし少しでも思い当たることがあればカウンセリングなど、精神的なケアの専門家に相談してみるのもおすすめですよ。

Copyright(c) 40代からモテ男に変身する方法 All Rights Reserved.