本屋は格好のトレーニングジム

男性は「建前で生きる」などと言われることがあります。ビジネスの世界では、組織のゴールが優先され、自分を抑えて物事をうまく進めるために建前を優先しなければならないことが多いでしょう。しかし、ダイエットにおいては、「行動」が優先です。あれこれと考えていては、脂肪は減らせません。

ダイエットに建前はいりません

男性の場合には、「この方法に効果があると実証されているのか?」「そもそもメタボが健康に良くない証拠はあるのか?」など、知的な面にこだわります。「どうせやるのなら、最適な方法を」「効率的なメソッドを」と建前ばかり語って、いつまでたっても何も実行できないこともよくあります。

「運動はしなければ」と言いつつも、同僚と入った居酒屋では好きなだけ飲み食いして、タクシー帰り。頭を使っているようで、その実、全く矛盾したことをやっているということも、よくあります。「俺は、科学的根拠のないものは試さない」などと言っている間に、心筋梗塞や脳卒中に襲われては仕方ありません。

簡単に効果が出ることは、試せばすぐにわかります。少し運動をしてみれば、体が軽くなる良さは数日で実感できるもの。何もしないで、グダグダと理屈をこねているよりも、バカになって第一歩を踏む出すことが大切です。理解することよりも、納得することのほうが大切です。

本屋で本を探す時には、スクワットをするつもりで

会社帰りや休日等には、少し本屋で過ごしてみませんか?古本屋などでも構いませんし、図書館でも良いでしょう。書店はさりげなく運動のできる場所です。まず、本棚に片手をついて転ばないように体を安定させます。両膝を少し曲げて、下の段の本を取り出しましょう。

地面にベッタリと座り込んでは効果がありません。中腰にかがむことで、ダイエット効果があります。これによって、太ももやお尻、ふくらはぎやお腹の筋肉を鍛えることができます。普段は一番楽な姿勢をとるものですが、敢えて一番辛い姿勢をとることで鍛えられます。ちょっとした運動ですので、それほど辛くはありません。週に一度は本屋でスクワットにチャレンジしてみましょう。

エスカレーターに乗っている時にも少し運動しましょう。手すりにつかまって体を安定させ、足の半分を段の外に出してつま先をあげ、アキレス腱を伸ばします。前の段が空いていれば、そこに片足をのばして、つま先を立てて、膝裏から太ももの裏側をのばします。

男性はとかく理論にこだわりがちですが、ダイエットにおいてはとりあえず始めることが大切です。ちょっとしたことをやるだけで、すぐに実感できます。

Copyright(c) 40代からモテ男に変身する方法 All Rights Reserved.